実現力を備えた
エンジニアを育む

重要なお知らせ

2022.5.1
嶋村准教授が当学科に着任しました.
2021.8.1
Keshtkar助教が当学科に着任しました.

ACTIVITY REPORT

受賞のお知らせ イメージ
2022.5.10 受賞 
北薗 幸一 教授が第31回日本航空宇宙学会論文賞を受賞しました.(受賞日 2022年4月18日)
受賞のお知らせ イメージ
2022.3.30 受賞 
大島 草太 助教が第20回破壊力学シンポジウムにて「ベストプレゼンテーション賞」を受賞しました.(受賞日 2022年3月30日)
受賞のお知らせ イメージ
2022.1.12 受賞 
第17回能代宇宙イベントにおいて,ハイブリッドロケットの設計に対してAutodesk賞(優秀賞)が授与されました.
受賞のお知らせ イメージ
2021.12.17 受賞 
大島 草太 助教が日本材料学会 2021年度JCOM若手ウェビナーにて「優秀発表賞」を受賞しました.(受賞日 2021年12月14日)
受賞のお知らせ イメージ
2021.3.30 受賞 
第16回能代宇宙イベントにおいて,水スラスタの逆噴射による着地速度の減速をミッションとしたカンサットに対して,優れたミッション内容が評価され,タイプエス賞第1位が授与されました.
受賞のお知らせ イメージ
2021.2.12 受賞 
第64回宇宙科学技術連合講演会にて本学域 博士前期課程2年 長峯健心さんが最優秀賞を受賞しました。(受賞日:2020年12月10日)
受賞のお知らせ イメージ
2021.1.21 受賞 
第58回飛行機シンポジウムにて本学域 博士前期課程1年 谷口直輝さんが学生優秀講演賞を受賞しました。(受賞日:2020年11月26日)
受賞のお知らせ イメージ
2021.1.21 受賞 
第64回宇宙科学技術連合講演会にて本学域 博士前期課程2年 橘直輝さんが優秀発表賞を受賞しました。(受賞日:2020年12月10日)

航空宇宙システム工学とは

航空宇宙技術は,私達の日常生活に不可欠なものとなっています.
航空機を利用した高速輸送,衛星を利用した通信,放送,天気予報などがその一例です.海難救助や離島の医療活動に見られるように,私達の生命と財産を守る場面においても,航空宇宙分野の技術が活躍しています.

そして,航空宇宙技術により,今日人間の活動範囲・探査範囲は地球から離れ,宇宙ステーション、さらには太陽系外にまで及んでいます.

航空宇宙システム工学科では,これら航空機・宇宙機の開発やそれらの実現に必要不可欠となる要素技術・システム設計技術に関する教育を行い,航空宇宙分野はもとより,広く次世代科学技術の発展を担うことが出来るような,応用能力に富み,かつ,広い視野を持った技術者・研究者の育成を目指しています.

さらに詳しく見る
流体力学 イメージ
流体力学
推進システム工学 イメージ
推進システム工学
材料・構造工学 イメージ
材料・構造工学
誘導制御工学 イメージ
誘導制御工学
システム設計工学 イメージ
システム設計工学
宇宙利用工学 イメージ
宇宙利用工学

INFORMATION

2019.8.22 イベント 学生生活 
航空宇宙システム工学科では、8 月 21 日(水)午後 1 時から以下 ≪企画概要≫のとおり、研究室見学、学科ガイダンスを行いました。 たくさんのご来場、ありがとうございました。-sd-tmu-open-campus
2018.3.14
HPを公開しました。